サッカーとフットサルの違い


よく分からない人たちにとってはサッカーの天下り先??(笑)みたいにとらわれがちなフットサル。

でも実は奥が深いんですよ?フットサルは。

 

扱っているボールもコートの広さも違うので一概には言えませんが、サッカーをやっている人がフットサルをやろうとすると、これがなかなか難しいんですね。自分が知っているサッカーの世界観がフットサルでは通用しないんです。

逆にフットサルの考え方やテクニックというのはサッカーでも通用する、むしろ必要となる強力な技術になるんですね。

サッカーあがりで意気上がっていた人たちがフットサラーの前に撃沈していく様は何度も見てきました(笑)

 

そこで初歩的な違いから、少し踏み込んだ違いをお伝えできたらなって思います。


まずは初歩的なところから、、、(左サッカー・右フットサル)


・サッカーのフィールドは一般的に縦68m、横105mに対し、フットサルは縦20m、横40mの広さになっています。

 

・ボールはサッカーが5号球、フットサルは専用のボールで4号球の大きさです。フットサルのボールは弾みにくい性質を持っています。

 

・そして競技人数はサッカーが11人、フットサルが5人となっています(両方ともゴールキーパーを含んでの数です)

 

・競技時間はサッカーが前半後半それぞれ45分、フットサルが前半後半それぞれ20分となっています。

ただしサッカーはランニングタイムを採用し、フットサルはプレーイングタイムを採用しています。

ランニングタイムとは基本的に時間は止まりません。怪我などで失った時間がロスタイムとして別途計測されることになります。

一方のプレーイングタイムとはボールがピッチにある状態でないと時間は流れません。なのでボールがピッチ外へ出た場合は時間は止まるのです。だからフットサルにロスタイムという概念はありません。なのでフットサルの場合、前後半で40分ですが実際は一時間以上試合をすることになるのです。

 

・時間の計測はサッカーは主審が行います。フットサルはタイムキーパーという審判がいてタイムキーパーが時間を計ります。

 

・ポジションについて、サッカーは人に対し名前がつきます。よく「どこのポジションだったの?」って聞きますよね。FW(フォワード)だったりハーフ(中盤)だったりDF(ディフェンス)だったりです。フットサルは場所に名前がつきます。だからフットサルに「どこのポジションだったの?」とは聞きません。今いる場所はピヴォ(いわゆるFW)、アラ(いわゆるハーフ)、フィクソ(いわゆるDF)のどれかになるのです。後から話に出てきますがココがPOINTになってきます。

試合に関する違いを見てみましょう


・審判はサッカーの場合、笛を持つ主審とハタを持つ副審2名で試合をコントロールします。フットサルは主審と2審がいて二人とも笛を持っています。

 

・交代はサッカーはボールがピッチから出た場合のみ。フットサルはいつでも交代できます。またサッカーは一度退いた選手は再出場できませんがフットサルは何度でも交代が可能です。

 

・タッチライン(横の長い方のライン)を出た際、サッカーはスローインで再開するのに対し、フットサルはキックインで再開します。

 

・エンドライン(縦の短い方のライン)を出た際、サッカーはゴールキック、フットサルはクリアランス(投げる)で再開します。

 

・コーナーキックは同じです。

 

・フットサルにはタイムアウトというゲーム中に作戦会議が出来る時間を取ることができます。前半後半それぞれ一回ずつできます。サッカーにはありません。

 

・サッカーにはオフサイドがあり、フットサルにはありません

 

・フットサルはスピーディーさを求められているのでキックインなど4秒以内に再開しないと相手ボールになってしまいます。サッカーにも時間制限はありますがフットサルほど厳しくありません。

 

・ファウルは基本的にサッカーもフットサルも基準は同じです。フットサルの方が厳しいかもしれません

 

・警告で2枚目、あるいは一発退場が出た場合、サッカーはそのまま減った状態で続けなければなりません。フットサルの場合は2分経過、あるいはその間に失点をしたら補充ができます。ただし例外はあります。

 

・フットサルにはバスケットボールのように5ファウル制度というものがあります。6回目からのファウルは全て壁なしのフリーキックが相手に与えられます。サッカーにはそのような制度はありません

 

・ゴールキーパーにボールを戻す際、サッカーは手で扱わなかったら何度でも戻すことはできますがフットサルの場合は手以外でも戻すことができません。フットサルのキーパーは一度しか触れないのです。触れる条件は相手が触るか、いったんボールがピッチの外に出るか、です。

 

・サッカーのゴールキーパーは足でだと何秒でもキープ出来ますが、フットサルは足でも4秒以内にボールを離さないと相手ボールになります。

長々と書きましたが本題はこっちです


サッカーはどうしてもコートが広いので役割分担というものが出てきます。要は効率よくしようということで単純に、あなた攻撃ね、あなた守りね、って分けるんです。それがFWやDFの意味です。

 

そしてそれが当り前な日本を含めた世界なので、逆を言えばFWしか出来ない選手、DFしか出来ない選手などが多く輩出されるようになりました。

 

ただ冷静に考えると本当にそれでいいの?っていう話です。

 

そうじゃないよね?ってことであるモノを取り入れたのが以下の強豪国、スペイン、ドイツ、ブラジルです。最近ではイタリアも参戦しつつあります。

 

そのあるモノというのがそう、フットサルなのです。


彼の国々は幼少の頃にフットサルをやらせます。一番大切な時期にフットサルを理解させるんですね。

 

フットサルにFWやDFといった役職はありません。

前線にいたら攻撃参加、中盤にいたら攻撃や守備の組み立て、下がった位置だと守備や試合のかじ取りを行います。

つまりその場所場所で求められるものが違い、そしてそれらを全てこなさなければならない、のが4人とゴールキーパという編成になるのです。

いわゆるオールラウンダーといワケです。

 

そこからFWに特化した選手、中盤に特化した選手、DFに特化した選手という形でサッカーへ移行するというのが強豪国のやり方です。

 

だから彼のチームのサッカーは面白いでしょ??

驚くほどの保持率はそこからきているのです。


(続き未編集)