· 

審判ってどう動いたらいいの??

初めて審判をする方はまずもって分からないのがルール以前に動き方です。

実はこの動き方というのがめちゃくちゃ重要で、判定の正しさ云々よりも大事だったりするんですね。

 

ではキチンとした動き方、法則性はあるのか?

 

もちろんあります。

 

私は施設の大会から協会の審判まで経験を積んでいるのでその両方をお伝えしようと思います。

是非活用して頂いて説得力のある笛、そして選手から信頼される審判員になって下さい。

      ( この写真はイメージ画像で私ではありません(笑) )


まずは正規の動きを見てみましょう


フットサルの審判員の動きに 『対角線式審判法』 というのがあります。この動きをすることによって正しい判断がしやすい、とされています。

これはアクティブ審判員、いわゆるサッカー協会に所属する審判員が教えられる動きなのでまず民間の審判員が知ることはありません。

ただ私は、、、ですよ??この対角式で慣れてしまっているので後からお伝えする民間の審判のやり方をすると不安で不安で仕方ありません(笑)

それほど視野の確保が違うってことなので知ってもらって損はないと思います。


まずはダメダメな動きから確認しましょう。左の画像から順に説明していくと、

一番左の画像。センターラインから動かない審判。これ一番やっちゃいけない立ち位置です。選手に対しても、相方の審判員に対しても失礼なやり方です。選手からすると、「本当にそこから見えてるの??」ってなりますよね。そう思われた時点で説得力はなくなります。

 

2枚目の画像は確かにセンターラインからは動いているんだけど相方の審判員と同じ動きをしちゃってます。

 

そうなると3枚目のように、ある争点(真ん中の選手)に対して二人が同じ視点で見てしまうことになります。

これでは正しい判定はできません。

 

4枚目が対角式審判法の正しいポジションです。

2人の審判員の視線の間に争点(真ん中の選手)があるようにするのです。

 

では実際にどのような時にこの対角式審判法が役立つのか見てみましょう。



左画像のようなシチュエーションの場合、左視点の審判員は真ん中の画像のように見えます。

如何でしょうか??ハッキリいって視界が悪く見極めは難しい角度です。

 

しかし右の審判員の視点はどうですか??

これならば争点の見極めは出来そうですね。

 

このように一人で見極められない範囲を相方がフォローする、というのがベストな形で、

それが出来るのが対角式審判法なんです。

動き方


基本的にサッカーの副審のように、チームの最終ライン(それぞれのチームの底=GKを除く一番後ろにいる選手)に位置します。

すると自然に全争点が審判員の視線の間に入ることになります。

あとはゲームの展開に合わせて左右に動きます。

どのようなゲーム展開にせよ、常に審判同士の視線の間に争点があるようにするのがポイントです。


お互いが入れ替わるタイミングをご紹介します。

よく入れ替わる瞬間はキックインの時です。やり方はシンプルで、ボールがピッチから出た場所に行くだけです。

上の図はどちらも進行方向は左です。

 

左上図で見てみると、進行方向は左なので審判員は図から見て選手の右側(進行方向と逆側)に立っています。もしゲームの展開上審判員が左ピッチにいた場合はこの位置まで走ってこなければならないということです。その動きに合わせて相方の審判員は逆サイドへ移動します。

 

右上図も同じです。進行方向は左。なので図から見て選手の右側(進行方向と逆側)に立ちます。同じくゲーム展開上審判員が左ピッチにいたのならば、この位置まで走ってこないといけません。その動きに合わせて相方の審判員は逆サイドへ移動します。

 

 

最後にコーナキックでの立ち位置を確認してみましょう。

 

こちらもシンプルで、ボールがあるコーナーの反対側ライン上に遠い方の審判員が立ちます。

 

近い方の審判員は図のような立ち位置で違反がないか監視します。

遠い方の審判員はボールがピッチから出たか出ていないか(+ゴールの有無)の確認、および相方審判員の把握できない争点のフォローを行います。

 

以上が主な動き方の紹介となります。

他にも細かい動きはありますが以上のことを知っているだけでも十分かと思います。


では民間での大会での審判方法


対角式審判法は非常に良い方法なのですが一つ問題があります。

それは非常に体力を使うということです。

民間の施設で行われる大会は朝から夜までやっているモノもあり、必然的に試合時間や試合数が多くなります。

それを対角式でやろうとなると大変なことなのです。

 

ですのでよくある形というのが、審判の立ち位置は対角式と同じです。それぞれのチームの最終ラインに位置して判定をします。

何が違うかというと入れ替わらないというだけです。

コーナーに関しては正規通りにするか、あるいは近い人が見るのかは事前に相方と打ち合わせしてください。

 

もしかしたら打ち合わせで対角式をやろう!って言われるかもしれませんがね(笑)

 


っという感じで、対角式よりかは視野の確保は難しくなりますが体力の温存には適していますので長く集中力をもって判定をくだすことができます。

 

以上です。

 

是非このような動きをマスターし、事故や怪我がないように選手の安全を守ってあげられる審判員になってください。

がんばってください!!

 

ではでは、お読みいただきありがとうございます!!

レッツエンジョイフットサル!!